薄毛と聞けば男性のAGAを思い浮かべますが、最近では女性も薄毛に悩んでいる方が多いようです。その原因としてストレスやホルモンバランスが関係しているようです。薄毛にならないためにも日頃から栄養バランスの良い食事を摂ることやストレス発散などをすることが大事です。また頭皮の血行が悪いと抜け毛や薄毛の原因にもなるので注意しましょう。

女性は触ってはいけない男性の育毛剤プロペシアとは

驚く女性

男性型脱毛症の治療薬の一つであり、女性は触ってはいけないとも言われている育毛剤が「プロペシア」です。
プロペシアはアメリカの製薬会社が開発した男性型脱毛症のための治療薬です。
日本では、2005年に製造販売承認を受けています。世界60カ国以上で承認されている薬です。

プロペシアはもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。
ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが変化したものを抑制するために、5αリダクターゼを抑制する必要があり、これは男性型脱毛症を改善させる理論と同じため、これまでの育毛剤では効果が見られなかった人にも効果があると研究・開発されました。

女性が触ってはいけないと言われるのには理由があります。
もし、プロペシアを女性が服用した場合、胎児の性別が男児だった場合には、その成分により外性器の発達が阻害されてしまうため、外性器が未発達なまま成長してしまう可能性があります。
また、女性が服用せず、触っただけであっても、皮膚から有効成分が吸収されてしまうことも考えられ、同じような影響を及ぼす可能性があるのです。

プロペシアを管理する際には、女性が触らないようにあらかじめ伝えておくようにするか、男性が自分でしっかりと管理をする必要があるでしょう。
なお、女性の薄毛や抜け毛については男性のそれとは異なった治療法が必要となります。
その為、自己判断で男性用の育毛剤などを使用することは避け、医師に相談をする必要があるでしょう。

なお、プロペシアは女性だけではなく、未成年の男性に対しても処方されることはありません。
これは、未成年の男性に使用した場合の安全性が確立されていないためです。男性型脱毛症は、未成年でも発症する確立はあります。
いち早く治療を開始したいという気持ちを持つ人も少なくはありませんが、その後の生活なども考え、医師に確認した上で、安全性の高い治療方法を選択するべきでしょう。

プロペシアはまとめ買いで安く購入できます

日本国内でプロペシアを購入する方法は大きく2つに分けることが出来ます。
それが医師の診察・処方を受け購入する方法と個人輸入で購入するというものです。
医薬品の輸入については、個人で使用することを目的としている場合には違法ではありませんし、手続きが難しいと感じる人のために代行業者もあります。

プロペシアの効果はある程度継続して服用し続けることで得ることが出来るものですので、出来るだけ安く購入したいと思っている人も多いようです。
個人輸入代行業者を利用し、まとめ買いすることで、安く購入することが出来ます。
まとめ買いすることで、頻繁に購入手続きをする必要もありませんので、手間を省くことも出来ます。

しかし、注意をしなければならないこともあります。
それが個人輸入で日本国内に出回っている医薬品の多くが偽物であるという調査結果が出ているということです。
海外で製造された医薬品の全てが偽物であるというわけではありませんが、必ずしも正しい方法で製造されているとも限らないのです。
偽物の医薬品を服用した場合、効果が見られないだけではなく、体に害を及ぼす可能性もあります。

医薬品の見た目でそれが正規品であるのか偽物であるのかを判断することは素人では無理です。
その為、もし、代行業者を利用してプロペシアを購入するという場合には、品質検査を行っているようなところを選ぶようにすることが大切です。
また、体調に異変が生じた場合には、服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

個人輸入は法律で禁止されていることではありませんが、安全性を考慮するのであれば、クリニックで処方してもらったほうが良いでしょう。
また、日常的に医薬品を服用しているという場合や何らかの疾患がある場合も医師の診察を受けた上でプロペシアを服用しましょう。